医療法人 純成会 渡辺歯科クリニック ご予約・お問い合わせはこちら TEL:0287-36-8241

インプラント

診査・診断の重要性

インプラント治療

インプラント治療では、顎の骨にドリルで穴をあけ、そこに人工歯根を埋め込むという手術が行われます。成功のためには医師の技量・経験が必須であり、精密な診査・診断が必要不可欠です。当センターではインプラント治療の前後に必ずCT撮影を行っています。

CTとは

CTとは
CTとは、従来のレントゲン撮影とは異なり人体をあらゆる角度から撮影し、平面ではなく立体画像として専用モニタに映し出す最新医療機器です。肉眼では見えない部分まで精密に確認できるため、現在多くの医療現場で利用されています。歯科用CTも普及しており、おもにインプラント治療に役立てられています。

CT撮影の重要性

CT撮影の重要性
CTによる撮影画像では、患者様の顎の骨を詳細に確認できます。骨の形、骨質、骨量、高さ、厚みなどの情報が、歯肉を切開しなくても手に取るように把握できるのです。このように精密な診査・診断が短時間でできるため、歯科用CTはインプラント治療の成功につながる重要な役割を担っています。

CT診断のメリット

CT診断のメリット
精度の高い画質

CT撮影した画像は精度が高く、あらゆる角度から細部にわたって患部を視認できます。疾患や出血などわずかな異変も逃しません。

安全性の高い撮影法

CTは磁気を使用せず、レントゲンに比べても放射線被曝量もごくわずか。安全性の高さにおいても優秀な撮影機器です。

当センターの取り組み

当センターの取り組み
当センターでは、CTを院内にて完備しています。カウンセリング後(術前)の精密検査時はもちろん、手術後にもCT撮影を行います。それは、治療計画通りにインプラントが埋入されているかどうかを確認する重要な工程であり、患者様ご自身にご確認していただくためでもあります。
安心のインプラントをお約束するため、当センターは検査や診断を大切にしています。