医療法人 純成会 渡辺歯科クリニック ご予約・お問い合わせはこちら TEL:0287-36-8241

一般・小児歯科

虫歯について

虫歯の進行段階と治療

虫歯には段階があり、進行するにつれて治療が難しくなってしまいます。大切なのは早期発見・早期治療。異変を感じたら、少しでも早くご相談ください。

C0脱灰
C0
ごく初期の虫歯です。この段階であれば、適切な歯みがきやフッ素塗布で治ります。
C1エナメル質の虫歯
C1
まだ痛みはありませんが、患部を削る必要があります。
削った部分にはコンポジットレジンという歯科用プラスチックを詰めます。
C2象牙質の虫歯
C2
冷たいものや甘いものがしみ、痛み出します。
患部を削り、インレー(詰めもの)をして治療します。
C3歯髄(歯の神経)の虫歯
C3
激しい痛みを感じる段階で、歯髄を除去する治療が必要です。
治療後にはクラウン(被せもの)を被せるのが一般的です。
C4歯根の虫歯
C4
虫歯が歯根に到達すると、膿が出て、最悪の場合には抜歯が必要です。
抜歯後には、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで補います。

虫歯の検査について

虫歯の早期発見のため、当医院ではダイアグノデントを使った検査やだ液検査を行っています。
ダイアグノデント
ダイアグノデント

歯に着色などがあった場合、それが遺伝によるものか着色汚れによるものか、あるいは虫歯によるものか、複数の要因が考えられるため判断が難しいケースがあります。その際に用いるのが、レーザー光による検査が可能な機器「ダイアグノデント」です。
レーザー光の反射を数値化し、その結果から対象になる歯の状態を把握。予防処置や治療方針の立案に役立てます。歯の状態が数値で把握できる上に、歯を傷つけないやさしい機械です。
だ液検査(カリエスリスク診断)
だ液検査(カリエスリスク診断)

虫歯になる原因は、患者様によって様々。だ液検査でその原因を追及することで、一人ひとりに合った治療方針を立てることが可能になります。

だ液検査でわかることは次の3つ。
1.虫歯菌の数
2.虫歯への抵抗力
3.食習慣
これらが明確になることで、それぞれに合った治療・予防方針を立案できます。

重度の虫歯治療~根管治療~

重度の虫歯治療~根管治療~
虫歯菌が神経にまで達した場合には、「根管治療」が必要です。
神経が通っていた根管を洗浄した上で薬剤を詰め、その上で被せものをして保護します。抜歯が必要になった虫歯でも、根管治療を行うことで、残すことが可能になります。

小児歯科について

小児歯科について
生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌がいません。その赤ちゃんのお口の中に虫歯菌が棲みついてしまう大きな原因は「母子感染」。食事の際の口移しなどは避け、できるかぎり別々のお箸やスプーンを使い、虫歯菌の感染を防ぎましょう。

PICK UP お母様のお口のケアも大切!

お母様のお口の状態を清潔に保つことも、重要な感染予防策。赤ちゃんが生まれる前からしっかりとケアしておくことが大切です。
渡辺歯科クリニックでは、妊娠中のお母様の治療にも対応していますので、心配なことや気になることなどがあれば、何でもお気軽にお尋ねください。

渡辺歯科クリニックの小児歯科治療

渡辺歯科クリニックの小児歯科治療
お子様が虫歯にかかってしまったら、当医院へご相談ください。しっかりと、お子様一人ひとりに合った治療をさせていただきます。当医院では、お子様の治療の際に親御さんにお付き添いいただくこともできますのでご安心ください。

治療を頑張ったごほうびには、お子様におもちゃをプレゼントしています。また虫歯などの治療だけでなく、歯や健康のための「食育」も推進し、お子様の生活面からのサポートも行っています。
フッ素塗布
フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布するとエナメル質が強化され、虫歯菌が出す酸から歯を守ります。また「再石灰化」を促すため、やわらかくなりかけているエナメル質にも効果的です。
シーラント

シーラントは、虫歯になりやすい奥歯の溝をあらかじめ歯科用プラスチック樹脂で埋めてしまう処置のことです。虫歯菌の侵入を防げる、とても有効な予防処置です。

PICK UP 歯みがき指導もお任せください

当医院ではお子様に対し、「歯みがき指導」を行っています。お子様の歯の形や生え方などに合わせて適切な方法を指導します。
自己流ではどうしてもみがき残しが出てしまうもの。正しい歯みがきを身につけ、虫歯ゼロを目指しましょう。