医療法人 純成会 渡辺歯科クリニック ご予約・お問い合わせはこちら TEL:0287-36-8241

入れ歯

入れ歯について

入れ歯のタイプ ~保険診療と自費診療について~

入れ歯のタイプ ~保険診療と自費診療について~
入れ歯にも様々な種類があり、保険が適用されるものと保険が適用されないもの(自費)とに分かれます。

自費の入れ歯は素材や技法などが選べるため、装用感や審美性、また耐久性に優れたものをつくることができます。その分費用は保険入れ歯より高くなりますが、装着の快適さを求める方にはおすすめです。逆に保険入れ歯は、限られた素材や技法の中でつくられるため、使用感などを追及することはできませんが、費用を抑えられるというメリットがあります。

渡辺歯科クリニックでは、患者様のお口の状態をしっかりと確認し、ご希望をよくうかがった上で、適切な入れ歯をご提案しています。

渡辺歯科クリニックの入れ歯について

当医院では、患者様がしっかり「噛める」「話せる」入れ歯をご提供しています。今お使いの入れ歯に不自由を感じている方、また歯を失ってどうしたらいいのか考えられている方など、まずはどうぞお気軽にお問い合わせください。患者様に適切な入れ歯をご提案します。

入れ歯の例 ~金属床入れ歯~

入れ歯には、総入れ歯(フルデンチャー)、部分入れ歯(パーシャルデンチャー)、差し歯のほか、保険適用のものから金属床などの保険適用外のものまで、種類は様々です。

保険の入れ歯はレジンでつくられます。しかしレジン床の入れ歯にはたわみが生じるため、結果として痛みが出たり、顎の骨が減りやすかったり、バネをかけていた歯がグラグラしてきたりと、様々な問題があるのが現状です。
金属床の入れ歯
一方金属床の入れ歯は保険適用外ですが、とても強固なためたわむことがなく、歯と粘膜に対する負担が分散され、レジン床の場合に生じるような問題を避けることが可能になります。そうした理由から当医院では、残っている健康な歯や顎の状態を保存し、また噛みやすい状態に改善し維持することを目的に、金属床の入れ歯を推奨しています。

別の治療法をお考えの方へ

インプラント治療
歯を失ってしまった場合の治療法は、入れ歯だけではありません。今まで入れ歯を使っていたけれど、食べものが噛みにくい、会話がしづらいなどで悩まれている方には、「第2の永久歯」と呼ばれる快適な人工歯、インプラント治療をご提案します。