医療法人 純成会 渡辺歯科クリニック ご予約・お問い合わせはこちら TEL:0287-36-8241

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは
歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位で、成人の80%以上が感染、もしくは予備軍とされている病気です。最終的には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気ですが、自覚症状に乏しく気づきにくいため、多くの方が病気を放置してしまっているのが現状です。少しでも気になる症状がある場合は歯周病を疑い、早めに歯科医院へご相談ください。

歯周病の進行について

軽度の歯周病
軽度の歯周病
歯の付け根にプラークがたまり、炎症を起こしはじめます。まだ痛みはありませんが、歯みがきをしたり、硬いものを食べたりした時に、出血を伴うこともあります。
中等度の歯周病
中等度の歯周病
プラークが石灰化してできた歯石が大きくなるにつれて歯根膜(歯と歯肉をくっつけている膜)が溶かされ、歯周ポケット(歯と歯肉の間のすき間)ができてしまいます。歯肉が腫れて膿が出だし、歯槽骨(歯を支える骨)の破壊がはじまっています。
重度の歯周病
重度の歯周病
炎症が進行し歯槽骨が壊され、歯がグラグラします。歯根が見える状態までになると、血や膿も出て口臭もひどくなります。最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

渡辺歯科クリニックの歯周病治療

渡辺歯科クリニックの歯周病治療
歯周病治療の方法は、その進行段階によって異なります。当医院では、軽度、中等度の歯周病治療はもちろん、重度の場合に行う組織の再生治療にも力を入れています。
軽度の治療

まず、超音波スケーラーやハンドスケーラーなどの特殊な器具を用い、歯周病菌の棲み家であるプラークと歯石を徹底的に取り除く「スケーリング」を行います。歯の表面だけでなく、歯肉の内側の部分の歯石も丁寧に取り除いた後、細菌や汚れの再付着を防ぐために、歯と歯根の表面をツルツルに仕上げる「ルートプレーング」を行って完了です。

中等度~重度の治療

ここまで進行した歯周病は、「スケーリング」や「ルートプレーニング」だけで治癒できません。以下のような外科的措置によって歯肉を切開する治療が必要になります。

歯周ポケット掻爬(そうは)術歯周ポケットがまだ浅めの段階に行います。
歯肉に麻酔をした上で、歯周ポケットからプラークや歯石を取り除きます。
フラップ手術歯周ポケットが深くなり、炎症の進行が著しい場合に行います。
歯肉を切開して歯槽骨からはがし、歯根を露出させた状態で、プラークや歯石を取り除きます。
GTR法(組織再生誘導法)歯周病の進行によって侵されてしまった歯周組織を再生する手術です。
歯肉を切開してプラークや歯石を取り除き、歯周組織を保護する特殊な膜で覆って、組織の再生を促します。
エムドゲイン法まず歯周ポケット内を洗浄してから、欠損した歯肉の部分に
エムドゲイン・ゲルという薬剤(タンパク質成分)を入れます。
欠損した部分への歯肉の侵入を防ぎ、組織の再生を促します。

予防の大切さ

今日、歯周病治療についても次々と新しい効果的な治療が開発されています。しかしもっとも大切なことは、歯周病にならないこと、また再発させないこと。

そのためには、ご家庭での毎日の正しい歯みがきと定期検診の受診が欠かせません。誰でも余計な治療を受けたくはないもの。ご自信の大切な歯を守るために、しっかりと予防に取り組みましょう。